高校での不登校





高校での不登校は、高学年になるほど減ってきます。

ただそれは、単純に不登校が改善されてというよりも、義務教育のため高校中退になったり、留年から高校中退になるケースが多いためのようです。

家庭環境よりも、友達との人間関係や勉強の遅れ、本人の精神的、肉体的な問題が原因で不登校になる人が多いようですね。

高校中退者の60%が高校一年生に集中しているのも特徴のひとつです。

公立高校での不登校は、その殆どが高校中退になってしまうとも言われているのです。

もちろん、本人にやる気さえあれば、転校したり、定時制の高校に入学し直したり、通信制高校に通うことだってできるのです。

高等学校卒業程度認定試験を受けて合格すれば、大学受験もできます。

しかし、本人が無気力で、積極的に自分の将来を考えたり、勉強する意思がない場合は、ずるずると引きこもりになってしまう可能性が高いのです。






強力骨盤補正ヾ( ゚∀゚)ノ゙
余分な肉をグングン絞る!

↓ ↓ CLICK ↓ ↓


続きを読む

(C) 2015 不登校と発達障害 不登校の原因と対策を考える